DREAMS COME TRUE 時代の挑戦者として 地域と共に夢ある未来を創造しよう

「青少年の夢創造委員会」

委員会メンバー

  • 五十嵐 健太
    委員長
    五十嵐 健太
  • 川端 康寛
    副委員長
    川端 康寛
  • 中村 潤
    幹事
    中村 潤
  • 濱道 真樹
    委員
    濱道 真樹
  • 二本柳 匡沙子
    委員
    二本柳 匡沙子
  • 藤谷 匡史
    委員
    藤谷 匡史
  • 吉崎 大
    委員
    吉崎 大
  • 鎌鹿 玄介
    委員
    鎌鹿 玄介

基本方針

子供は実現が難しいと想定される大きな夢であっても楽しそうに周囲に話しますが、成長するにつれ夢を持つことをあきらめ、語らなくなってしまうことが多くなっているように感じます。だからこそ大人は夢を持つとともに、努力することの大切さを語り、子供たちを導いていかねばなりません。明るい未来を創造する責任世代の私たちが、地域の宝である子供たちの未来を描き、地域を創造できる人材に育成し、道徳性や創造性を携えた若い力の創出へと結びつける環境を整える必要があります。

まずは、私たちが責任世代として子供たちの育成に取り組む意識を高めるために、子供たちの成長を実感することで、子供を育てる責任を再認識していただきます。そして、他者を思いやる心や道徳心を持った子供を育むために、日本に培われてきた伝統文化を通じ礼節や協調性を学ぶことで、心豊かな人材の成長へとつなげます。さらに、子供たちに将来に対する期待感を持っていただくために、夢や目標を実現した人たちの考え方や生き方を学び、目標に向かい諦めず追い求める中で達成感や成長実感が得られることを伝え、夢に向かい努力していく意欲を持っていただきます。また、子供たちの抱く夢に自信を持ってもらうために、成功するための方法を教えるのではなく、自ら学び試行錯誤してやり遂げられる体験を提供し、工夫し失敗を恐れずに挑戦する心の育成を促します。そして、大人たちには、子供が目標に向かって挑戦できる環境を整えるために、夢や目標を持って行動する大切さを再認識し、夢を熱く語りながら失敗を恐れずに挑戦する心の育成を促します。

明るい未来を引き継ぐ責任を有する私たちの運動により、自らの未来を描いていく子供たちが、道徳性や創造性を有した若い力となるよう成長し、目標を達成する過程において発生する問題に率先して取り組んでいける人材の育成へと結びつけ、未来へつながる夢と希望あふれる地域を構築します。

事業計画

  1. 6月第一例会わんぱく相撲の運営
  2. JCデー 10月例会の運営
  3. 新入会員の拡大
  4. 各委員会及び出向者への協力
  5. 各種大会・会議への参加

オリエンテーション