DREAMS COME TRUE 時代の挑戦者として 地域と共に夢ある未来を創造しよう

「共感ネットワーク拡大委員会」

委員会メンバー

  • 紀國 隆介
    委員長
    紀國 隆介
  • 佐藤 雄亮
    副委員長
    佐藤 雄亮
  • 島津 悠
    幹事
    島津 悠
  • 飯田 稔
    委員
    飯田 稔
  • 内海 愛華
    委員
    内海 愛華
  • 中根 拓也
    委員
    中根 拓也
  • 金村 秀一
    委員
    金村 秀一
  • 岩崎 一生
    委員
    岩崎 一生
  • 河村 悦郎
    委員
    河村 悦郎
  • 塩谷 英和
    委員
    塩谷 英和

基本方針

函館青年会議所は近年、全盛期に比べ約半数の会員数でありながら毎年創意工夫をし、地域活性化のために活動を展開してまいりました。今後の函館青年会議所がより力強い活動を行っていくうえで、会員一人ひとりがJAYCEEとしての知見を広め、地域の発展に貢献できる人材へと成長を遂げ、多くの地域住民から運動に対する共感を獲得し、会員数の増加につなげる必要があります。

まずは、我々の活動に共感する仲間たちを増やすために、拡大リストの情報更新、共有を徹底するとともに、拡大の必要性を認識できる場を計画的に設けることで、メンバーの会員拡大に対する主体者意識の向上につなげます。そして、新入会員が能動的に活動する人材へと成長するために、メンバー間の交流を図りつつ青年会議所の理念や基礎と、今年一年間の活動内容を伝える場や、自身の想いを述べる機会を設けることで、一人ひとりの活動意欲を高めます。さらに、コミュニケーションの重要性を認識するために、新入会員たちが軸となり一から創り上げる取り組みの中から、多くのメンバーが同じ目標に向かい一致団結し、協力し合いながら達成感を得ることで、LOM全体の組織力強化につなげます。また、他青年団体との協力関係を強化するために、各団体メンバー間の交流と絆を深め、地域の方々に日々の活動をアピールすることで、より一層まちづくり運動に邁進する環境を整えます。そして、本年度卒業するメンバーに素晴らしい門出を迎えていただくために、これまでのJC活動の中で得た経験や気付きを継承していただき、LOM全体の新たなるステージに対する行動意欲の向上に結び付けます。

メンバーが青年会議所の存在意義を認識して率先的に行動できる人材となり、運動の魅力を伝播すれば、共感してもらえる仲間が増え、今よりも力強い組織となり、住民から多くの賛同を得られるLOMへの進化から、地域に求められ続ける団体へとなります。

事業計画

  1. 5月例会の運営
  2. 8月第一例会ワッショイはこだて
  3. 12月例会の運営
  4. 新入会員3分間スピーチの運営
  5. 新入会員オリエンテーションの運営
  6. 新入会員の拡大
  7. 各委員会及び出向者への協力
  8. 各種大会・会議への参加

オリエンテーション