不可能から可能へ 今ここにない未来は自分達で創る

2018年10月例会 函館JCフォーラム2018「日本人と地域の秘めたる力」

日時:2018年10月21日(日) 13:00~ (開場 12:00)
会場:函館国際ホテル(函館市大手町5-10)
入場料:無料(全席自由席)


■ケント・ギルバート(Kent Sidney Gilbert) プロフィール
1952年アイダホ州に生まれ、ユタ州で育つ。70年ブリガムヤング大学に入学。翌71年に初来日し、九州を中心に約2年居住。同大大学院に進学して、経営学修士号(MBA)と法務博士号(JD)を取得。カリフォルニア州弁護士資格を取得後、国際法律事務所に就職。法律コンサルタントとして80年から東京在住。83年からテレビに出演して人気タレントへ。現在は講演や執筆活動を中心に多忙な日々を送る。

■講演内容
現代社会における日本人の価値観、道徳観は情報化、グローバル化の発展により多種多様の一途を極め、受け手側はそれらの本質を見極めることが難しい現状があります。ここでは、ギルバート氏による日本人の一つのあるべき姿、享受または継承していくべき精神についてご講話いただくことによって、北海道函館に住む我々が今後どのように生きていくべきかご講演いただきます。


■藤井 聡 プロフィール
京都大学大学院工学研究科(都市社会工学)教授、京都大学レジリエンス実践ユニット長、ならびに現安倍内閣官房参与(防災減災ニューディール担当)。
1968年奈良県生駒市生。京都大学卒業後、同大学助教授、東京工業大学教授等を経て現職。専門は都市計画、国土計画、経済政策等の公共政策論のための実践的人文社会科学研究。著書「国民所得を80万円増やす経済政策」「国土学」「超インフラ論」「凡庸という悪魔」「大阪都構想が日本を破壊する」「大衆社会の処方箋」「巨大地震Xデー」等多数。朝日放送「正義のミカタ」、関西テレビ「報道ランナー」に解説者としてレギュラー出演中。

■講演内容
第1部では、藤井氏にご講演していただき、住民がまちづくりに加わる際のメリットとデメリットを話していただきます。第2部では、行政に地域のこれからの都市計画について話していただき、次に市民がどのような地域発展を望んでいるかを教育大学に考えていただいたまちづくりの構想をプレゼンテーションしていただきます。そして、パネルディスカッション形式で二つのまちづくりについて藤井氏にも加わっていただき、ディスカッションしてお互いのまちづくりの構想をすり合わせていただきます。


【注意事項】

  • フォーラム開催中は写真・動画の撮影禁止とさせていただきます。
  • 会場内は飲食禁止とさせていただきます。
  • 駐車場の数に限りがございますので、公共交通機関をご利用の上お越しくださいますようお願いいたします。

 

【申し込み方法】
お電話、FAX(氏名、性別、電話番号、メールアドレスを記載)、
または下記のメールフォームよりお申込みいただけます。

参加者氏名 ※必須

メールアドレス ※必須

連絡先(電話番号) ※必須