不可能から可能へ 今ここにない未来は自分達で創る

「広報渉外委員会」

委員会メンバー

  • 委員長
    嶋村 崇
  • 副委員長
    三浦 裕太
  • 委員会幹事
    濵谷 健太
  • 委員
    清田 茂人
  • 委員
    澁田 孝
  • 委員
    髙野 信子
  • 委員
    馬場 敬太
  • 委員
    松井 久紀

基本方針

函館青年会議所は永きに渡り、地域の未来を考え、その想いや活動内容を地域住民に届くように発信してきましたが、SNSやWEBが一般化して様々な情報が氾濫している現代社会において、我々の活動情報を発信する既存の媒体を見直す変革期にあります。地域発展に向けて大きな波及効果をもたらす運動を目指す我々としては、メンバー一人ひとりの発信力と組織としての広報活動を強化し、より多くの賛同者を増やす必要があります。

まずは、関係諸団体、各地会員会議所など多くの賛同者の方々に今年度の活動に対する指針を理解していただくために、新体制や活動方針をお披露目し、協力体制の強化につなげます。そして、我々が地域発展を目指し日頃の活動や想いをさらに発信していくために、地域メディアとのさらなる連携など、情報受信者の琴線に触れる形へ見直しすることで、情報の一方通行ではない新たな媒体を使用した方法を創出し発信していきます。さらに、各地青年会議所との連携を強め、活動視野を広げるために、遠征の意義や重要性を会員に周知し参加を促すことで、各地域と連動した地域活性の可能性を廓大します。また、海外にも視野を向けられるメンバーを増やすために、世界会議に次ぐ大会を体感することで、我々の活動がより影響力のあるものにしていきます。そして、我々に向けられる関心や目に触れる機会の向上のために、青年会議所内外で獲得した地域発展へつながる情報を、既存の発信手法以上の時勢に合わせた伝え方を創出することで、我々の広報活動が地域に対し、より強いメッセージ性を獲得し続ける必要があることをメンバーに再認識していただきます。

メンバー一人ひとりが、我々の情熱や想いを発信する根源として、波及効果のある広報活動を認識することで、LOMとメンバーの発信力が強化され、我々の運動が市民からの共感を得て、地域に対し効果的に伝播される環境を創出します。

事業計画

  1. ホームページの運営
  2. 1月例会(新年交礼会)の運営
  3. 5月例会(ASPAC鹿児島大会)の運営
  4. 9月例会の運営
  5. 新入会員の拡大
  6. 各委員会及び出向者への協力
  7. 各種大会・会議への参加